反社チェックサービス【RISK EYES(リスクアイズ)】

TOP > API・システム間連携

API・システム間連携

RISK EYESが提供するAPI・システム間連携

RISK EYESでは「顧客管理・購買管理・与信管理システムなど、取引先を管理しているシステムに反社チェック機能を設置したい」という要望に応え、お客様のシステムと「RISK EYES」を連携する機能を提供中です。

システム連携することで、管理システムから直接反社チェックを実施することが可能となり、反社チェック作業の効率化を実現できます。

提供している機能

  1. 記事数表示API

    従来は本サービスの会員ページ内で反社チェック対象を入力・検索することで、ヒットした記事数を表示します。

    本機能は、APIで反社チェック対象の記事数を返却します。

    システム上に、記事数を表示・記録できるよう開発いただくことにより、反社チェック対象の記事の有無・記事数をシステム内で確認することが可能になります。

    仕様書ダウンロード
  2. ALS連携機能(リクエストURL検索)

    従来は本サービスの会員ページの検索画面にて、反社チェック対象をキーワード検索することで、反社チェックの結果を確認します。

    本機能は、URLに検索条件をクエリ文字列(URLパラメータ)として設定・リクエストすることで、反社チェックの結果をブラウザ上に表示させる機能です。

    システム上に、リクエストするURLを生成するプログラムを実装した「反社チェック」ボタンを設置いただくことにより、手動で検索作業を行うことなく、出現する専用ページ内で記事を直接確認することが可能になります。

    仕様書ダウンロード

実装イメージ

2つの機能を併用することで、反社チェック業務の大幅な工数削減が見込まれます。

  • システム内で『記事数表示API』を起動し、記事数を取得する
  • 記事数が0件の場合     ⇒ 「疑惑なし」を表示
    記事数が1件以上の場合   ⇒ 「疑惑あり」を表示
  • システム内で1件以上記事がヒットした反社チェック対象のみ、『ALS連携機能(リクエストURL検索)』を実装した「反社チェック」ボタンを出現させる
  • 出現する専用ページにて記事確認・反社チェックの判断を行う
  • システムに反社チェックの判断結果を反映する

ご利用までの流れ

システム連携機能の利用にはお申込みが必要です。本機能は有償にて提供しております。
※すでにRISK EYESをご利用のお客様も、本機能を利用するための契約締結と設定変更が必要です。

  • こちら よりシステム連携機能の利用希望の旨をお問い合わせください
  • 事務局より契約書を送付します
    ※齟齬なくご利用いただくため、書面送付の前に、お打ち合わせをお願いする場合がございます
  • 契約締結後、事務局より開発用アカウントを発行します
  • 開発完了後、会員登録を行ってください
  • 本番実装に向け設定を行います
  • 事務局より、提供開始をご案内します

よくある質問

  1. API・ALS機能の利用料はいくらですか?

    本機能はリアルタイム検索・一括検索と同料金体系でご利用できます。
    別途利用料は一切かかりません。
    API・ALS機能実装にかかる開発工数は貴社負担となります。

  2. 記事の見出し・本文を返却するAPIはありませんか?

    ありません。
    記事の著作権は情報提供元である媒体社にあり、第三者への提供、貸与、譲渡、売買、質入等は禁止されております。
    『ALS連携機能(リクエストURL検索)』の専用ページ、もしくはRISK EYES会員ページ上で、記事の見出し・本文をご確認ください。

  3. まずは機能を試してみたいが、開発用アカウントはありませんか?

    開発用アカウントの発行は、契約締結後に提供しております。
    まずは こちら よりシステム連携機能の利用希望の旨をお問い合わせください。