弁護士と一緒に考える反社排除のケーススタディ

弁護士と一緒に考える反社排除のケーススタディ

 反社会的勢力の排除対応、貴社ならどうしますか?

セミナー中にお題にそってあなたの判断をヒアリング。弁護士と一緒に【反社排除の仕方】を考える参加型セミナーです。

2021年の警察の発表によると、暴力団員の数は最少人数を更新しました。
しかし、暴力団の顕著な潜在化や、集団的・常習的に犯罪行為を行う準暴力団が増えていることにより、企業における反社排除の難易度はさらに上がっています。

取引先を審査する担当者としては、正解がない反社排除対策において、自社を守るためにも数多くの事例と判断基準に触れることが大切です。

今回は参加型セミナーとなっており、5つの事例を元に反社排除の実務に長く携わる手打寛規弁護士と反社排除の判断基準や事前・事後排除の実務について一緒に考えていきます。

セミナー中、事例にそってあなたの判断をお伺いします。
ぜひ参加しながら反社排除への理解を深める機会にしてください

 

※スライドはセミナーで取り上げる事例の抜粋です。
 どう判断すべきか考えてみてください。

こんな方におすすめ

事例ベースで反社排除対応をインプットしたい法務責任者
反社排除の管理体制に不安がある方
企業のリスク管理のレベルを上げたい方
反社排除実務に長く携わる弁護士の話を聞きたい方
入口・中間・出口管理の3つの段階での判断基準を学びたい方

開催概要

日時 2022年10月26日(水) 14:00~15:30
会場 オンライン(お申込みいただいた方に参加用URLをお送りします)
申込期限 2022年10月25日(火) 12:00
参加費 無料
定員 100名
お問い合わせ

ソーシャルワイヤー株式会社

RISKEYES運営事務局

 

03-6868-8874

support@riskeyes.jp

ご注意     

・ソーシャルワイヤー(株)と同業他社に所属される方のご参加はご遠慮いただいております。

・お申込み情報に不備がある場合、参加をお断りさせていただく場合がございます。
 各項目を正しくご入力の上、お申込みくださいますようお願いいたします。
・法人名の記載がない方のご参加はご遠慮いただいております。
・士業の方の受講はご遠慮いただく場合がございます。
・本セミナーに関し、予告なくセミナータイトル等を変更させていただく場合がございます。

プログラム

開場<13:45>

【第1部】事例に基づく反社会的勢力排除のための判断基準と実務(70分)

【第2部】質疑応答(20分)

登壇者

弁護士イメージ
馬場・澤田法律事務所
弁護士
手打 寛規
2002年中央大学卒業後、2003年に弁護士登録、馬場・澤田法律事務所に入所。訴訟を中心とした係争処理業務を中心に、社内弁護士や社外役員としての経験を活かした企業向けの法務研修や相談業務など広く扱っている。特に、民事介入暴力対策特別委員会に長く所属し、民暴案件対応、企業に向けた社内体制の整備や助言は専門分野の一つ。主な著作として「民事介入暴力対策マニュアル 第4版」(共著、ぎょうせい、2009年2月)、「企業に求められる反社会的勢力排除に向けた取組み」(「会社法務A2Z」、2016年6月号、第一法規)など多数。

お申し込みフォーム

※在宅勤務の方は携帯番号をご記入ください。
※半角数字(ハイフンあり)でご記入ください。

Copyright SOCIALWIRE CO.,LTD. All rights reserved.

 Powered by RISK EYES