catch-img

反社の見落としゼロへ! 既存顧客への定期的な反社チェックが必要な3つの理由

初回契約時に反社チェック・コンプライアンスチェックを行い、問題がなかった企業をそのまま放置していませんか?
反社会的勢力はいつからか懐に入っている…なんてことも。


とはいえ、取引企業の状況を逐一確認することは非常に面倒なことです。
いちいち確認していては他の業務まで手が回らなくなってしまいます。


ただ、1度反社チェックを行って問題なかったからといって、2度目3度目が問題ないとは言い切れないのです。
巧妙化する反社会的勢力と付き合わないためには定期的な反社チェックが必要です。


今回は既存顧客への定期的な反社チェック・コンプライアンスチェックが必要な3つの理由について紹介します。

反社チェックの判断に困ったときの事例集が無料ダウンロードできます

目次[非表示]

  1. 1.契約時のみの反社チェックでは顧客調査漏れが起きている恐れがある
  2. 2.既存顧客が反社会的勢力に入れ替わっている?
  3. 3.既存顧客のネガティブ情報が見つけられる可能性がある
  4. 4.まとめ


契約時のみの反社チェックでは顧客調査漏れが起きている恐れがある

契約イメージ


反社チェックを始めるきっかけとして、会社の規模が大きくなったとか、IPO準備を始めたなど転換期に入ったタイミングで始める企業が多いです。


初めての反社チェックはインターネット検索や会社情報の確認を1社1社行い、エビデンスを残していく…こんな流れを踏んでいくことでしょう。

  企業を守る反社チェックとは 知っておくべき概要と具体的なやり方 反社会的勢力と付き合わないために何を行わなければならないのか?今回は反社会的勢力を事前に確認する反社チェックについて、概要や具体的なやり方について紹介していきます。 反社チェックサービス【RISK EYES(リスクアイズ)】

※反社チェックについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!


しかし、人力で反社チェックを行っていくとどうしても漏れてしまう恐れがあります。
また、会社が小さいうちは専門部署がないことが多く、営業などが片手間で行うことも多いはずです。
このように利益を生まない反社チェック業務は敬遠されがちです。


大きなリスクを背負わないためにも、契約前のチェックだけでなく既存顧客に対しても定期的な反社チェックを行うことで、重大な取引リスクを負わずに済みます。


せっかく工数をかけて初回の反社チェックを行っていても、1社でも調査が漏れていたら意味がありませんし、企業の状況はいつの間にか変わっていることもあるでしょう。
とはいえ、たくさんの工数がかかって営業業務に支障がでては本末転倒です。早い段階から反社チェック専用ツールを利用することで、業務効率改善、調査の精度を上げることに繋がります。


見落としや調査漏れはないか、定期的に反社チェックをすることでこのようなリスクは排除できます。入り口だけでなく、その後の対応・対策も検討していくと良いのではないでしょうか。

既存顧客が反社会的勢力に入れ替わっている?

驚くビジネスマン


取引前に反社チェックを行い、問題がなかったとしてもいつのまにか会社の中身が反社会的勢力に入れ替わっている場合があります。
中身が入れ替わっているとは具体的にどういうことなのか?


企業の役員や代表が変わったときに紛れ込んだり、企業買収によって反社性を帯びることがあります。
また、ベンチャー企業等で創業メンバーの知り合いで入った人物が、実は反社と関係しており、時間をかけて乗っ取られるということもあるようです。


しかも、現在の日本では反社勢力に対する取締まりや社会全体のリテラシー強化によって多くの反社会的勢力が排除される良い傾向にある一方、何重にも企業を間にはさみながら出資企業に紛れ込むなど、一部の反社勢力の手口はどんどん巧妙になっている現状があります。


どこまで、どうやって調査すればいいのか?
実情は法律などの決まりがあるわけではないので、どうしても企業側に委ねられてしまいますが、顧客の企業名・代表者だけでなく、役員の調査をすることも有効になるでしょう。


定期的に反社チェックを行わないと取引先企業の情報を得る機会は少ないものです。
契約更新時に行うといった決め方でなく、年1回や半年に1回など定期的に反社チェックを行うようにすることが大事です。


また、顧客の相手をしている営業担当が変化を感じ取れるように会社として注意喚起するのも良い一手ですね。
企業リスクを最小限にするためにも、定期的に反社チェックを行いましょう。

既存顧客のネガティブ情報が見つけられる可能性がある

既存顧客への反社チェック・コンプライアンスチェックを定期的に行うことで、反社会的勢力に関すること以外に既存顧客のネガティブ情報を発見できる可能性があります。


反社会的勢力以外のネガティブ情報というのは

  • 事件・不祥事を起こしていないか?
  • 行政処分を受けていないか?


こういった観点があります。上記2点も反社と関わりがあるかどうかと一緒に調査することが重要です。


なぜ、反社以外のネガティブ情報も調査するかというと、例えば

  • 役員が横領をしており、そのお金が反社会的勢力へ流れていた
  • インサイダー取引など市場取引を歪めるような取引をしていた


上記のような反社会的勢力に関わる人物や、反市場勢力と呼ばれる人や企業との付き合いを断ち切る必要があるからです。
そういった疑惑を持たれる企業と取引を続けるのは自社にとってリスクでしかありません。


また、IPO準備企業にとってはそういった企業と取引をしていれば上場できなくなります。
定期的な反社チェックを行うことによって、ネガティブ情報を徹底的に排除していきましょう。

まとめ


ここまで既存顧客への定期的な反社チェックが必要な理由について紹介してきました。
新規顧客への反社チェックだけでなく、定期的な反社チェックを行う必要性についてご理解いただけたかと思います。


改めて紹介した内容をまとめると、

  • 契約時のみの反社チェックでは顧客調査漏れが起きている恐れがある
  • 既存顧客の中身が反社会的勢力に入れ替わっている恐れがある
  • 既存顧客のネガティブ情報が見つけられる可能性がある


​​​​​​​いかがでしたか? 定期的な反社チェックを行うことは取引リスク排除にとても有効です。
とはいえ、既存顧客数が多くなってくると反社チェックをするだけで一苦労です。管理が難しくなる前に、反社チェックツールを導入するのも一つの手なので、攻めると同時に守りのことも早めに検討していくことをオススメします。

佐々木 雄輝
佐々木 雄輝
2022年にソーシャルワイヤー株式会社に入社。 反社チェックサービス『RISK EYES』のマーケティング施策の企画立案を担当。
反社チェックのやり方・業務フローの基礎
RISKEYES資料請求
反社チェック無料トライアル